FC2ブログ

日本の気づかいランキング発表!!

こんばんは~

日本一どて焼きが美味しい深夜2時まで営業中大阪市生野区・東成区の居酒屋『笑福酒場 げんぶ』です。

縺偵s縺カ_convert_20110116214438



今日もブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

例えばお店で、
温かいお弁当と冷たいお茶を

分けて袋に入れてくれたりすることってありますよね?


アイスクリームを買ったらヘラをつけてくれたり、
さらに融けないように氷やドライアイスをサービスしてくれる
ところまでありますよね。



でも、これ、他の国では当たり前ではないんです。

日本は、普段の買い物のなかにも気づかいがあふれている。
日本の気づかいは次元が違うんです。

そこで今日は、
厳格なるチームJAPAN調査に基づき
日本の気づかいランキング1位と2位を発表します。



■日本の気づかいランキング2位!



それは源平の戦いの前に行われた気づかいです。

平家の武将は闘う前に何をしたか?
そこに日本の凄い気づかいが隠れているのです。


それは……
白髪染めです。


白髪染めをして死への戦いに臨んだんです。

敵に老人と思われるというような憐情を抱かせないためにです。
討たれるときに敵にいらぬ気をつかわせない。
そんな思いで毛を染めたのです。


「いらぬ気は使わせぬ」
これが僕ら日本人の祖先たちの美学です。


そして、もうひとつ、
卒倒しそうなほどあまりにすごい気づかいがあります。


■日本の気づかいランキング1位を発表します!









1位→ちょんまげです!


江戸時代までの武士の髪型といえば、ちょんまげです。

浪人以外の、主君に仕える武士のちょんまげは、
頭のてっぺんの真ん中を青々と剃りあげていました。
これを月代といいます。


現代では、恥ずかしくてできない髪形です。
当時だって恥ずかしかったはずなんです。

では、なぜ、こんな髪型が一般的になったのか?
不思議じゃないですか?


ちょんまげの、まげの部分。
ちょっと後頭部の髪をキュッと結わえているアレです。
アレは、烏帽子や冠をかぶるために必要だっためできたようです。


これは、わかります。


でも、問題は、なぜ、意図的にハゲをつくるのかです。


武士といえば戦うのが職業。
戦となれば、ヨロイ・カブトを身に付けなくてはいけません。

このカブトが想像を絶するほど重い。
しかも、ただかぶるだけでなく、それで戦わなければならない。
蒸れるしずれる。

それがもとで、頭皮にストレスがかかり、禿げる人もでてきます。

そこで日本人はどう考えたか。

闘うために禿げたんだもん。
そんな人をほっておけない。

だったらいっそのことみんなで剃っちゃおうか?
みんなでハゲない?
そしたらハゲた人も恥ずかしくないもん。

という訳で、ちょんまげができたんだとか。

ちょんまげって、日本人の優しさなんです。


スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

げんぶ北巽本店

Author:げんぶ北巽本店
はじめまして。

大阪市生野区北巽の交差点から北へ徒歩1分 内環沿いと
大阪市東成区今里の交差点から南へ徒歩3分 今里筋沿いにある

海鮮居酒屋『笑福酒場 げんぶ』です。

居酒屋は、「人が商品のテーマパークなんだ」ということ

料理やお酒は、1人でも多くのお客様にげんぶスタッフ(役者)
を見ていただく為の小道具。

もちろんその小道具にも全力でこだわります。

お刺身は、当日入荷の鮮度バツグンな魚だけを低価格で
お客様に提供する為に 最大限の努力をおしみません。

そしてこう思うのです。

テーマパークを演じる役者達は、
いつも最高の笑顔でいなければいけない。

げんぶに御来店していただいたすべてのお客様がお帰りになる時に笑顔になっていただける様に今、
自分に何ができるのかを考えながら演じなければならない。

演じきる事ができれば、げんぶに御来店していただいた
すべてのお客様が笑顔で帰宅してくれる。

笑顔でお父さんやお母さんが帰宅すると
家庭内での会話が増える。

家庭で楽しい会話が増えると子供達は、明るく元気になる。

大人達もまた元気に明日の仕事ができる。

そうすれば、街が明るく元気になる。

私は本気でそう信じています。

『笑福酒場 げんぶ』に対する、ご意見、ご感想、
お叱りの言葉などもどしどしお寄せくださいね。

営業時間 17:00~2:00
(ラストオーダー1:30)

TEL06-6753-1505

大阪居酒屋「海鮮屋台げんぶ」

http://www.bar-tengu.com/

飲食店の求人・転職サイト クックビズ

フリーエリア
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示