スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下幸之助VSトヨタ自動車!!

こんばんは~

日本一どて焼きが美味しい深夜2時まで営業中大阪市生野区・東成区の居酒屋『笑福酒場 げんぶ』です。



今夜は、最近読んだ本の中から紹介させていただきます。

はっきり言ってパクリです






【松下幸之助VSトヨタの激突。】


松下幸之助の伝説の会話を一言たりとも聞き逃すな

昭和36年。

松下幸之助率いる松下通信工業の幹部全員が集まり会議が開かれていた。

トヨタ自動車から大幅な値引き要求があったのだ。

松下が納めていたカーラジオを半年以内に20%コストダウンしろ、との要求がト
ヨタからあったのだ。

これは松下にとって、死ね。というに等しいくらいのムリな要求。

松下の幹部たちは困り果て、言葉もでない。

20%のコストダウンなんて絶対ムリ。静まり返る会議室に、

あの男が現れる。

松下幸之助の登場だ。

ここから幸之助の伝説のトークが始まります。

第一声はこうだ。

「どうして、トヨタはこういう要求をしてきたんや?」

トヨタのこの要求の裏には貿易の自由化問題があった。

GMやフォードといった大メーカーとの価格面での競争が本格化し、

このままでは日本の自動車産業そのものが滅んでしまう、という危機感がトヨタ
にはあったのだ。

「そうか。そういうこっちゃな。

でも、よく考えてみい。松下がトヨタさんの立場だったらどう考えるかや。

やはり、同じ要求をしていたかもしれんな。

君らは無茶な要求やと驚いてるが、トヨタさんはどうや。

どうすればコストダウンを達成して、日本の自動車産業を発展させていくことが
できるかという危機感でいっぱいやろう。

いわば業界全体、さらには国のためを考えてるんや。

松下一社の話とは違うんや。

ここはできません、と断ってはいかんと思う。

なんとしてでも、値を下げなければならん」

幸之助のこの発言に対して、幹部の一人がこう発言した。

「けれどもトヨタの要求はまず5%、半年後に15%。計20%という無茶なハードル
です」

幸之助はこう返した。

「コストダウンというのは5%、10%を目標にしたらかえってできないんや。20%
となると、もう小手先の知恵ではどうにもならない。

発想を全て変えないとできん。

大きさを半分にしてしまうくらいの発想でないと、これはできんわな?

これは単に値引き要求を受けたというだけのことではないんや。

日本の産業を発展させるための公の声だと受け止めなければならんのやないか?

もし20%の値引きに耐えられる製品ができたら、どうや?

トヨタさんだけやなく世界で通用する製品になるんやないか?」

会議室の空気が一変した。

この会議に参加していた幹部の一人は

「最初、みんなが困惑して淀んでいた会議の雰囲気が

ぱっと晴れたかのように明るくなった」と、語っている。

「これができたときには全世界の会社が売ってくれと飛んでくるで。

そう考えると、これはピンチやないな。

松下にとって飛躍への天佑やな。チャンスやと思わんか?

ありがたいことに、できたら買ってくれるという先まで決まってるんや。

こんなにありがたいことはないで。

普通は納入先を探さなあかんのやからな」

幸之助がこう語り終える頃には、

「やります!!!やります!!!きっとやり遂げます」

と、幹部一人一人の気持ちは燃えあがっていた。

最後に幸之助は幹部にこう言ったという。

「よし、その調子やで。ところで、いま利益はどのくらい出とるんや?」

「3%です」

「なに????3%やて少なすぎるで、それは」

数分前まで深刻に困り果てていた幹部が、やる気になり、そして最後のこの会話
で笑いが起きた。

やる気があり、笑いもある。

そんなところには、天使が舞い降りる。

結論を書こう。

松下、コストダウン20%達成。

本気になって協力してくれた松下の心意気に、

トヨタも販売台数という形で答えた。

つまり、コストダウン20%したにもかかわらず、以前よりも松下の利益が増えた
のです。

まさに、この瞬間、松下通信工業がカーラジオのトップメーカーへ踊り出たので
ある。


あなたは、どう感じましたか


僕は、発想の違いにビックリして感動しました


また今から一歩一歩ですが僕たち大阪居酒屋げんぶ
楽しく勉強の日々ですわ~




SN3E0015_convert_20101202220641.jpg


毎日深夜2時まで営業中
笑福酒場げんぶの公式ホームページ


〈キャストのブログ〉

大阪の居酒屋「げんぶ」北巽本店ブログ

大阪の居酒屋「げんぶ」今里本店ブログ







スポンサーサイト
プロフィール

げんぶ北巽本店

Author:げんぶ北巽本店
はじめまして。

大阪市生野区北巽の交差点から北へ徒歩1分 内環沿いと
大阪市東成区今里の交差点から南へ徒歩3分 今里筋沿いにある

海鮮居酒屋『笑福酒場 げんぶ』です。

居酒屋は、「人が商品のテーマパークなんだ」ということ

料理やお酒は、1人でも多くのお客様にげんぶスタッフ(役者)
を見ていただく為の小道具。

もちろんその小道具にも全力でこだわります。

お刺身は、当日入荷の鮮度バツグンな魚だけを低価格で
お客様に提供する為に 最大限の努力をおしみません。

そしてこう思うのです。

テーマパークを演じる役者達は、
いつも最高の笑顔でいなければいけない。

げんぶに御来店していただいたすべてのお客様がお帰りになる時に笑顔になっていただける様に今、
自分に何ができるのかを考えながら演じなければならない。

演じきる事ができれば、げんぶに御来店していただいた
すべてのお客様が笑顔で帰宅してくれる。

笑顔でお父さんやお母さんが帰宅すると
家庭内での会話が増える。

家庭で楽しい会話が増えると子供達は、明るく元気になる。

大人達もまた元気に明日の仕事ができる。

そうすれば、街が明るく元気になる。

私は本気でそう信じています。

『笑福酒場 げんぶ』に対する、ご意見、ご感想、
お叱りの言葉などもどしどしお寄せくださいね。

営業時間 17:00~2:00
(ラストオーダー1:30)

TEL06-6753-1505

大阪居酒屋「海鮮屋台げんぶ」

http://www.bar-tengu.com/

飲食店の求人・転職サイト クックビズ

フリーエリア
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。